/

この記事は会員限定です

兵庫県が太陽光導入、警察署や病院で

来年4月めど供給開始

[有料会員限定]

兵庫県は県施設などへの太陽光発電設備の導入を進める。発電事業者の負担で太陽光パネルを設置し、電力を施設に販売する「PPA(電力購入契約)」と呼ばれる仕組みを使う。警察署の屋根や病院の駐車場などの活用を計画しており、「建物のバリエーションが多いのは珍しい」(菅範昭環境部長)という。

設置候補は姫路警察署(姫路市)や丹波医療センター(丹波市)など14施設。公募で選ん...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り183文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン