/

この記事は会員限定です

コロナ患者を受け入れた病院 政府が減収全面補填を

超党派議連

[有料会員限定]

超党派の「コロナと闘う病院を支援する議員連盟」は経営が逼迫した医療機関の支援に関する提言案をまとめた。新型コロナウイルス患者を受け入れた病院に国が昨年度比の減収を全面補填するよう求めた。6日の総会を経て、近く政府に申し入れる。

議連は自民党の中谷元氏、公明党の富田茂之氏、国民民主党の羽田雄一郎氏が共同代表を務める。

提言案は新型コロナ患者の治療に関し「一般患者や手術などの制限をせざるを得ない状況で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り387文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン