核廃絶に「連帯」訴え きょう広島原爆の日

2020/8/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

広島は6日、被爆から75年の「原爆の日」を迎え、広島市の平和記念公園で午前8時から「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が営まれる。松井一実市長は平和宣言で新型コロナウイルスを引き合いに、核兵器の脅威に世界が連帯して立ち向かい、核廃絶を目指すことが必要だと訴える。

宣言では、国連での採択から3年たっても発効していない核兵器禁止条約について、被爆者の思いを誠実に受け止め、条…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]