川崎汽船、米子会社売却 特別利益200億円

2020/8/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

川崎汽船は5日、米国に持つコンテナターミナルの管理子会社を米投資ファンドに売却すると発表した。金額は非公表で、2021年3月期に200億円の売却益を特別利益として計上する。新型コロナウイルスの影響で自動車輸送船などの海上輸送収益が落ち込む中、資産売却で財務基盤を厚くする。

10月をメドに川崎汽船が保有する子会社の株式70%を全て、米マッコーリー・インフラストラクチャー・アンド・リアル・ア…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]