フォード 創業家に焦り CEO退任、6年で3度目

2020/8/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【ニューヨーク=中山修志】米フォード・モーターは4日、ジム・ハケット最高経営責任者(CEO、65)が10月に退任すると発表した。就任からわずか3年での退任は実質的な引責とみられる。6年間で3度目となるトップ交代には、長引く業績不振への創業家ビル・フォード会長(63)の焦りが透ける。

ハケット氏の後任にはトヨタ自動車出身のジム・ファーリー最高執行責任者(COO、58)が就く。

ハケット氏はオフィス…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]