セブン&アイ 検証・巨額買収(上)「店数全米一」死守
対アマゾン、米3位手中に規模追求 EC連携に布石

2020/8/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

セブン&アイ・ホールディングス(HD)が巨額の買収に打って出た。流通業で世界最大級となる約2兆2千億円を投じ、米コンビニエンスストア3位を手中に収める。国内市場が飽和するなか、米国で首位の座を固め電子商取引(EC)との連携など新たな展開への布石にする。買収戦略の舞台裏や背景を検証する。

「これまでのやり方では成長できない」。7月、社長の井阪隆一は取締役会で危機感をあらわにした。米石油精製会社マラ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]