シャープ「巣ごもり」に光明
4~6月、37%減益も黒字確保 ユニーク家電で未来像探る

2020/8/6付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

シャープの業績に回復の兆しが見えつつある。5日発表した2020年4~6月期の連結決算は、最終損益が前年同期比37%減の79億円となり、赤字だった1~3月期から持ち直した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた巣ごもり需要を追い風に、ユニークな家電群が収益を下支えした。その姿は戴正呉会長が描くシャープの未来像に重なるかもしれない。

「カレーがおすすめだぜ」。シャープは自動調理鍋「ヘルシオホットクック…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]