/

この記事は会員限定です

アユ釣り 人気復活へ奮闘 栃木県の漁業団体

共通遊漁券を発行/洋風のレシピ発信

[有料会員限定]

栃木県でアユ釣りの人気が低迷している。6月に入り多くの河川でアユ釣りが解禁されたが、釣り人は大半が高齢男性で新規客の参入は進まない。県の漁業団体はクラウドファンディングで稚魚を放流したり、アユの洋風レシピを考案したりして間口を広げようと躍起だ。

6月、那珂川や思川と並んでアユの名所とされる鬼怒川の河岸には早朝から釣り人が現れた。だが「アユを釣りにくるのはほとんどが70歳代以上の男性だ」と栃木県鬼...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン