/

この記事は会員限定です

演出家 小池修一郎(2)

「サウンド・オブ・ミュージック」のパンフレット

[有料会員限定]

小学5年のとき、母に連れられて観(み)た映画「サウンド・オブ・ミュージック」で、人生が決定づけられた。映画をつくる「監督」や「脚本家」という人がいることを知り、「いつか自分も」と夢を抱き始めたのだ。

母は映画が大好きだった。高度経済成長期、映画は庶民の最も身近な娯楽だった。「あなたたちが生まれる前にお父さんと一緒に『ローマの休日』を観に行ったのよ」なんて話を聞かされていたし、僕は映画館で産気づい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り634文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン