私の履歴書松浦晃一郎(6)初めてのアフリカ 空調なしアパートで我慢 野口英世の銅像を建立

2020/8/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

1961年9月、本格的な外交官生活が始まった。初任地は西アフリカのガーナだった。留学も研修も米国だったので、そのまま米国勤務になるか、東京に戻るかのどちらかと思っていたので、びっくりした。

それでも挑戦は好きだったので、「よし、アフリカを徹底的に勉強しよう」という気になった。米国からロンドン経由でガーナの首都アクラに向かった。

アフリカでは植民地の独立が相次ぎ、ガーナの大使館だけで10カ国も担当…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]