/

この記事は会員限定です

遊園地元係員ら、地裁が有罪判決 栃木の遊具転落死事故

[有料会員限定]

栃木県那須町の遊園地「那須ハイランドパーク」で2019年8月、男性客(当時51)が遊具から転落死した事故で、業務上過失致死罪に問われた元アルバイト係員の男子大学生(22)と現場責任者だった元従業員、相馬健一被告(51)に宇都宮地裁は4日、いずれも禁錮1年、執行猶予3年(求刑禁錮1年)の判決を言い渡した。

楠真由子裁判官は判決理由で、男性客に安全器具を接続するのを忘れた責任は重いと指摘した上で「リ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り220文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン