/

この記事は会員限定です

中国、食糧自給へ「種子」に的

シンジェンタ上場で1.3兆円調達へ 技術獲得、米欧反発も

[有料会員限定]

【広州=比奈田悠佑】中国国有の農薬・種子大手、先正達集団(シンジェンタグループ)が国の食糧自給率向上へ動き出した。国内取引所に近く上場し、650億元(約1兆3千億円)を調達する計画。狙いは、種子技術の囲い込みだ。種子を輸入に頼る中国は食糧安保へ危機感を募らせる。シンジェンタはM&A(合併・買収)をテコに技術獲得に乗り出すが、世界的な影響力の高まりを懸念する米欧の反発リスクも潜む。

「党が農村振興...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1943文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン