/

この記事は会員限定です

絵本が描く戦争と平和(1)柳田邦男

「ジャーニー 国境をこえて」 難民・差別、親子で向き合う

[有料会員限定]

美しい絵と言葉が紡ぎ出す世界に心揺さぶられるのは子どもだけではないはず。大人こそ絵本をと提唱するノンフィクション作家の柳田邦男さんに、戦争と平和を描いた絵本を紹介してもらう。

この20年ほど、戦争と平和の問題を未経験の子どもたちや若い世代に語りかける絵本が多様な形で創作されるようになってきた。特に新しいのは、戦争による難民問題や紛争の根底にある人種差別の問題の絵本だ。

中東や北アフリカからの大量の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1225文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン