株、売り圧力なお強く
上昇、一時的との見方 弱気型ETF高水準

2020/8/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

4日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に続伸した。7月末に2万2000円を割り込んだ日経平均だが、新型コロナウイルスの感染拡大で今後も厳しい状況が予想される業種も含めて、いったん売り方の買い戻しが進んだ。もっとも、市場では先行きに慎重な見方が多く、弱気型の上場投資信託(ETF)の口数も高水準。地合いが好転したとは言いがたい。

日経平均株価は前日比378円(1.7%)高い2万2573円と、1週間ぶ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]