/

この記事は会員限定です

現代サッカー「ゼロ局面」時代

攻守とも高速化、境目なくなる

[有料会員限定]

欧州最先端のサッカーは「4局からゼロ局へと構造的に変化している」と庄司さんは分析する。

従来のサッカーは表のように「ボール保持」「ボール非保持」「攻から守」「守から攻」という4つの局面に分類できた。しかし守備の集団戦術、特にプレスの強さ、速さ、連続性が増し、それをかわすための攻撃も高速化するにつれ、ボールを保持する側が能動的、ボールを持たない側が受動的とは限らなくなった。

守る側も組織的に能動的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り323文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン