/

この記事は会員限定です

レスリング女子の元木、親子2代五輪出場めざす

全日本選抜59キロ級V

[有料会員限定]

6月に開催されたレスリングの明治杯全日本選抜選手権で20歳の元木咲良(育英大)が女子59キロ級を初制覇し、親子2代での五輪出場へ第一歩を踏み出した。父は2000年シドニー五輪男子グレコローマンスタイル63キロ級代表の元木康年さん。「一番の見本」とその背中を追いかける。

3歳で競技を始めた。幼少期の記憶から「多分、強制的にだと思う」と言えば、父は「そんなことは全くない」と笑う。

昨年7月に右膝前十...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り348文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン