/

この記事は会員限定です

通信網の危機管理甘く KDDI障害、トラブル連鎖

ドコモの教訓生きず 最大3915万回線に影響

[有料会員限定]

KDDIで起きた大規模通信障害は、通信網内にある設備で発生したトラブルの連鎖が要因だ。影響は2021年10月にNTTドコモが起こした障害と比べて3倍規模になる可能性がある。障害の可能性を織り込んだうえで、小規模短時間で収束させるリスク管理が必要となる。(1面参照

「ドコモの障害後にすべて見直したが、甘かった」。3日に開いた記者会見でKDDIの高橋誠社長は、ドコモの教訓を生かせなかったとの見解を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1362文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン