ダイキン 140億円上振れ
今期最終、家庭用エアコンがけん引

2020/8/5付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ダイキン工業は4日、2021年3月期の連結純利益が前期比33%減の1140億円になりそうだと発表した。従来予想(41%減)から140億円上方修正し、減益幅が縮小する。エアコンは新型コロナウイルス感染拡大の影響で業務用は苦戦する一方、在宅勤務や巣ごもり消費で家庭用の需要が世界的に好調で、全体として回復に向かう。オンライン販促や新製品の投入でさらなる収益向上を目指す。

売上高は8%減の2兆3500億…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]