/

この記事は会員限定です

(スケートボード)「ラン」高得点で勢い

「自分のいい滑りできた」

[有料会員限定]

11位と出遅れた準々決勝から一転、男子の堀米は45秒間に技を連発する「ラン」で高得点を出し、勢いに乗った。2回目に全体3番目となる87.39点をマーク。続く得意の一発技「ベストトリック」の1、2回目に難技をきっちり決めて得点を伸ばし「自分のいい滑りがちゃんとできた」と手応えを口にした。

今大会からラン1回が必ず合計に採用される方式となり、その重要性が高まっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り180文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン