/

この記事は会員限定です

オフィス家具 買い取り商機

在宅勤務で不要 4~6月、保管件数60%増

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大でオフィス改革が進むなか、使わなくなった机や椅子などオフィス家具の一時保管や買い取りが増えている。

中古オフィス家具販売大手のオフィスバスターズ(東京・中央)によると、4~6月の保管件数は50件で前年同期に比べ60%増えた。オフィスを撤退・縮小したIT(情報技術)企業が利用するケースが目立つという。

従来は一時預かりが大半だったが、4月以降は5件に1件の割...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り193文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン