/

この記事は会員限定です

サイバー防御、政府系に商機

FFRIセキュリティ 鵜飼裕司社長

[有料会員限定]

FFRIセキュリティはサイバー攻撃対策のソフトウエア開発やコンサルティングを扱う。主力ソフト「yarai(ヤライ)」は、コンピューターウイルスの動作や構造から未知のリスクを検知できるのが強み。基礎研究から製品化まで手掛ける国内で数少ない企業として知られ、官公庁を中心にサービスを提供している。

鵜飼裕司社長が2007年に同社を設立したのは、米国企業でサイバーセキュリティーの技術者として働いた経験が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り308文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン