/

この記事は会員限定です

EVバス製造会社を北九州で起業 佐藤裕之氏

国内組み立てで大手に挑む

[有料会員限定]

鉄鋼の街・北九州市で電気自動車(EV)開発のスタートアップ、EVモーターズ・ジャパンを率いる。西日本鉄道住友商事などの出資でこれまでに約10億円を調達し、EVバスの組み立て工場新設を計画する。大手メーカーが占める商用車市場にEVで挑む。

日本製鉄のグループ会社で技術者だったころ、インバーターの開発に携わり、蓄電する回生システムに習熟した。その後、中韓などの電池メーカーとも接点を築いた。東日本大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り305文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン