/

この記事は会員限定です

地獄の教え(4) MIHO MUSEUM「沙門地獄草紙」解身地獄

京都市立芸術大学客員研究員 加須屋誠

[有料会員限定]

お刺身(さしみ)やステーキや焼き鳥を食べる時、私たちはたいてい罪の意識にとらわれはしないものだ。けれども、仏教の教えでは殺生は重罪である。因果応報の理論に基づいて、殺生戒を犯した者は、解身(げしん)地獄に堕(お)ちて、自らが料理され、鬼たちに食べられてしまう。

大きなまな板の上で包丁を巧みに使って、罪人を解体する赤色の肌の鬼。その手前では、黄色い肌の鬼が椀(わん)に盛られた肉片を箸でつまもうとし...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り311文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン