/

この記事は会員限定です

(テニス)コロナで棄権相次ぐ

[有料会員限定]

【ウィンブルドン=時事】テニスのウィンブルドン選手権で、男子シングルスの有力選手が新型コロナウイルス検査で陽性判定を受けて棄権するケースが相次いでいる。選手の出場にはワクチン接種や検査の陰性証明提出は義務付けていない。

昨年準優勝のマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)は、1回戦当日に自身のインスタグラムでコロナ検査で陽性反応を示したと明かした。2017年準優勝のマリン・チリッチ(クロアチア)も1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り231文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン