東芝、車谷社長の取締役選任「賛成」58%どまり 総会、株主の視線厳しく

2020/8/4付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

東芝が7月31日に開いた定時株主総会で、車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)の取締役選任案に対する賛成比率が58%にとどまったことが4日、分かった。総会では東芝のガバナンス(企業統治)を問題視して、物言う株主(アクティビスト)からも取締役候補が提案されていた。過半数を獲得して取締役に選ばれたが株主からは厳しい視線が注がれている。

同社が4日に開示した臨時報告書で明らかになった。投資会社2社がそ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]