歌舞伎図夢歌舞伎「忠臣蔵」 配信映像、光る工夫と熱意

2020/8/4付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

5カ月間も休演が続いた歌舞伎界だが、コロナ禍の中、松本幸四郎が企画・主催する図夢歌舞伎「忠臣蔵」が6月末から毎土曜、5回にわたってZoom配信された。「図夢」とは夢を図るの暗喩らしい。

「仮名手本忠臣蔵」をごく少数の共演者の協力を得て大序から討入まで通すが、単なるダイジェストでないところに図夢歌舞伎としてのミソがある。各役別個に撮影した映像を合成して見せるという、3密などコロナ対応の制約を逆手に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]