損保大手の保険料、ハザードマップと連動 企業の浸水リスクに応じ

2020/8/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

損害保険大手が企業向けの保険で水害リスクに応じた地域別料金を導入する。自治体のハザードマップ(総合2面きょうのことば)に連動して保険料を変え、浸水リスクが低いと安くし、高ければ1割ほど上げる。多発する豪雨災害のリスクを細かく保険料に反映する仕組みを取り入れる。

自然災害への保険金の支払いは2018年度から2年続けて1兆円を超えた。地域別の保険料導入は契約先企業の災害への意識を高め、リスクの高い場…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]