車いすスペース6席「五輪までに」 東海道新幹線で国交相

2020/8/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

赤羽一嘉国土交通相は3日、東海道新幹線の車いすスペースを、従来の1編成当たり1~2席から6席に増やす意向を表明した。障害者や子ども連れらが対象の多目的室も含めると、1編成当たり計7人が車いすのまま利用できるようになる。

スペースの広さやレイアウトを決め、来夏の東京五輪・パラリンピックまでの導入を目指す。

国交省は、北海道・東…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]