/

この記事は会員限定です

中国版GPS「北斗」、実測値の誤差2~3メートル

[有料会員限定]

【北京=共同】中国政府は3日、全世界で正式運用を始めた独自の衛星利用の全地球測位システム(GPS)「北斗」の精度について最近1週間の実測値を平均した結果「誤差2~3メートルで、公表している目安よりさらに良い」と発表した。中国は北斗の精度の目安を誤差10メートルと紹介している。軍事目的にも利用できるため、対立する米国が警戒をより強めそうだ。

記者会見した中国衛星誘導システム管理室主任の冉承其報道官は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り260文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン