/

この記事は会員限定です

唾液検査、進まぬ活用 開発相次ぐも医師ら慎重

コロナ感染、捕捉に遅れ

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染の有無を唾液などから簡易に調べるPCR検査機器の開発が相次ぐなか、検査の件数が伸びずにいる。精度に不安があるとして一部の感染症の専門家や医師が利用に慎重なためだ。とはいえ世界のコロナ対応は検査を増やし感染者を隔離していく流れにある。検査強化が進まなければ感染拡大の防止もおぼつかない。

検査を容易にするひとつの手立てが唾液による検体採取だ。通常は医療の専門家が鼻の奥に長い綿棒...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1132文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン