/

この記事は会員限定です

伸び続ける勤続年数

日本型雇用、コロナで転機

[有料会員限定]

欧米のジョブ型に対して、日本の働き方はメンバーシップ型と呼ばれる。終身雇用を前提に、長期間会社に所属するメンバーとして、職務を定めず会社が求めるままどんな業務も担う。厚生労働省「賃金構造基本統計調査」によれば、一般労働者の平均勤続年数は平成以降も伸びている。転職が増えたとはいえ、新卒で入社した会社で働き続けるのが今でも主流だ。

メンバーシップ型を年功序列型賃金が補強する。ジョブ型は同じ職務なら収入...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り522文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン