ソフトバンクG、400億円申告漏れ 国税指摘、税務管理課題に

2020/8/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ソフトバンクグループ(SBG)が東京国税局の税務調査を受け、2019年3月期の税務申告で約400億円の申告漏れを指摘されていたことが3日、同社や関係者の話で分かった。為替差損の計算ミスや費用計上の期ずれ、タックスヘイブン(租税回避地)にある関連会社の所得の合算漏れなどを指摘された。

今回、法人税などの追徴課税は発生しなかったが、海外投資や事業再編など、国内外で急速に事業を拡大してきた綻びが顕在化…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]