/

この記事は会員限定です

「野戦病院」外れた需要予測 大阪府、使用率は最大7%

コロナ禍、変化に即応カギ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの新規感染者が増加傾向に転じ、再拡大への懸念が出始めている。第6波で各自治体が設けた臨時医療施設の多くは利用が低迷し、病床逼迫を防ぐ「切り札」の有効性が揺らいでいる。コロナ禍の長期化に対し、感染者のニーズに見合う体制づくりが改めて問われる。

「想定ほど利用が伸びなかった」。大阪府が臨時医療施設を5月末で閉鎖すると決めた会議で、府幹部は淡々と振り返った。大阪市の国際展示場に100...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1378文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン