/

この記事は会員限定です

(参院選 私の視点〈外交・経済安保〉)野心持たせぬ対中外交を

丸紅経済研究所長 今村卓氏

[有料会員限定]

外交は継続性が大事だ。選挙結果がどう出ても国際社会が日本の政治の停滞を受け入れ、対応してくれるわけではない。外交方針がぶれると信頼を得られない。

中国が戦略的な競争相手になった。グローバル化の方向性が変わり、自分の国だけよければいいという覇権主義的な考えが広がる。この流れに日本が対処するには日米同盟を基盤にするほか代替策はない。

台湾有事への軍事的な備えは重要だが、中国に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り188文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン