/

この記事は会員限定です

〈外国人共生の実相〉外国ルーツの子、留学生が学習支援

日本語指導必要5万人超 教科特有の表現、母語で

[有料会員限定]

外国にルーツを持つ子どもの学習を、各地の大学に在籍する留学生が支援している。苦手な科目を母語で学び、理解を深めてもらう試みだ。日常会話は日本語でこなせても、教科学習の独特な言い回しなどに不慣れな子は多い。外国からの子が増える中で学びに遅れが生じぬよう、「有志頼み」でない支援体制の充実も必要となる。

「今日は筆算をやってみようか」。大阪府東大阪市立若江小の教室で、中国人の両親を持つ千葉浩くん(10...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1091文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン