/

この記事は会員限定です

岸田内閣「決断と実行」の行方

[有料会員限定]

岸田文雄首相が率いる自民党が参院選で掲げたキャッチフレーズのひとつが「決断と実行」になる。このフレーズは田中角栄氏が福田赳夫氏と争った総裁選から前面に出し、衆院選でもスローガンにしたのと、まったく同じ言葉でもある。

田中氏の前任、佐藤栄作内閣は長期政権、官僚出身で「待ちの政治」と呼ばれ、人心はうんでいた。そこへ50歳代、党人派のたたき上げ、コンピューター付きブルドーザーの異名をとった田中氏が登場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り713文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン