シッターわいせつ事件 「逮捕」伝えず被害拡大か 仲介事業者対応に疑問の声

2020/8/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ベビーシッター仲介サイト「キッズライン」(東京)に登録したシッターの男2人がわいせつ行為で相次いで逮捕された事件を巡り、サイト運営事業者の対応に疑問の声が上がっている。

逮捕者が出たのに事業者がすぐに利用者に知らせず、新たな被害を防げなかったためだ。5歳の娘が被害に遭った母親は「今も娘のケアはない。性被害が起きた場合の対応を徹底してほしい」と訴える。

キッズラインでは4月に男が預かり中の子どもへ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]