ダイキンが医療用マスク 国循センターなどと、国産品の供給拡大

2020/8/2付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ダイキン工業と国立循環器病研究センター、クロスエフェクト(京都市)は医療用高機能マスクを共同開発する。使い捨てではないフィルター交換式で、今秋にも国内で生産する。新型コロナウイルス感染拡大が続く中、国産品の供給力を増強し医療現場の不安解消につなげる。

米国立労働安全衛生研究所(NIOSH)が認定する「N95」と同等の性能を持つとされる規格を国内で取得し、早期に量産メーカーを選定して供給体制を構築…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]