東芝は成長戦略を描けるか

2020/8/3付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

7月31日の東芝の株主総会で車谷暢昭社長の再任決議をはじめとする会社提案が可決され、2つの物言う株主(アクティビスト)の提出した株主提案は退けられた。

2年前に発足した車谷体制がひとまず信任を得た形だが、アクティビストとの対峙は今後も続くだろう。目先の利益還元を求める株主の重圧にさらされながら、長期の成長戦略を描けるか、東芝経営陣の手腕に注目したい。

三井住友銀行出身の車谷氏は東芝の社外取締役ら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]