/

この記事は会員限定です

国際紛争下の企業統治(上) 市場、対ロ姿勢通じ理念評価

伊藤邦雄・一橋大学名誉教授

[有料会員限定]

ロシアによるウクライナ侵攻が始まって以来、国内外の企業は対応を迫られている。英シェル、英BP、仏ルノーなどのグローバル企業がロシアからの撤退を表明し、巨額の減損を発表した。他方でロシアでの事業継続を決めた企業や決めかねている企業も多い。ファーストリテイリングは当初、ユニクロ事業の継続方針を発表したことに批判が集まり、最終的にロシア事業の一時停止を決めた。

この意思決定プロセスで問われるのは、国際...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2675文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン