/

この記事は会員限定です

北欧2国、来年までにNATO加盟

トルコが一転容認 首脳会議で合意、ロシアとの緩衝消滅

[有料会員限定]

【マドリード=竹内康雄】北大西洋条約機構(NATO)は29日、マドリードで開いた首脳会議で、北欧のフィンランドとスウェーデンの加盟を認めることで合意した。2023年までに加盟が実現する可能性がある。欧州の防衛能力が向上し財政面の貢献も期待できる一方で、ロシアとの緩衝地帯がなくなり、短期的には緊張が高まる懸念がある。1面参照)

「加盟で両国はより安全になり、NATOはより強くなる」。29日採択の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1517文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン