/

この記事は会員限定です

航跡が映す中朝蜜月

北朝鮮関連船、1年半で50隻以上寄港 中国の石炭港に堂々と

[有料会員限定]

国際取引が禁止されている北朝鮮産の石炭が、中国に流れている疑いが濃厚になった。日本経済新聞が北朝鮮と強い関わりを持つ約180隻の船の動きを追ったところ、1年半で少なくとも50隻以上が中国の石炭を取り扱う港に寄港していた。洋上をつなぐ航跡は、中朝の蜜月ぶりを映している。(1面参照

調査対象としたのは、北朝鮮籍の船、国連安全保障理事会が加盟国への入港を禁じている船、国連北朝鮮制裁委員会の専門家パネ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1063文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン