/

この記事は会員限定です

攻めも逃げも徹底を

[有料会員限定]

巨人との3連戦で計32点を奪ったヤクルト打線は確かにすごい。シーズンの総得点もリーグ1位だが、私がみるところ、相手投手の戦い方が中途半端なのが原因で、もう少しやりようがある。

巨人投手陣に限らず、逃げて、逃げて四球。カウントを悪くし、ストライクを取りにいってガツン。先頭打者からきちんと勝負できていれば、打たれても被害は少ない。逃げ回った揚げ句の被弾には四球の走者など"利子"がついてくるから、始末...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り629文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン