/

この記事は会員限定です

電力融通 西→東に制約

送電網増強に遅れ 容量不足、逼迫の一因に

[有料会員限定]

東京電力ホールディングス(HD)管内で電力需給の逼迫注意報が30日も続く。ここ数日、余裕がある関西方面から首都圏へ電力を最大限に融通してきたが、引き続き節電を求める状況だ。送電できる容量が小さい制約が逼迫の一因になっている。2011年の東日本大震災後に指摘された東西を結ぶ送電線の脆弱さは依然解消されていない。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1068文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン