/

この記事は会員限定です

「空飛ぶ車」開発で連携

ワープスペース、大阪公立大と協定

[有料会員限定]

筑波大発スタートアップで小型人工衛星開発のワープスペース(茨城県つくば市)は29日、大阪公立大と連携協定を結んだ。衛星からアンテナなどを広げる展開機構や光通信を使った「空飛ぶ車」の制御技術の共同研究を進めたい考え。

大阪公立大は超小型衛星やロケットを開発する「小型宇宙機システム研究センター」を持つ。室蘭工業大と超小型衛星「ひろがり」を開発、折り畳んだ構造物を宇宙空間で広げる展開技術を生かした衛星...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り310文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン