/

この記事は会員限定です

株主総会ピーク600社 統治・物価高対応問う

三井住友FGが相場操縦巡り陳謝 東ガス、原料高騰「環境厳しく」

[有料会員限定]

3月期決算企業の株主総会が29日、ピークを迎えた。三井住友フィナンシャルグループ(FG)など全体の26%にあたる約600社が開いた。環境の持続可能性(サステナビリティー)や物価高への対応などについて株主の注目も高まっている。

東京証券取引所によると、総会ピーク日の集中率は26%と2021年の27.3%を下回り、1983年の集計開始以降で最低となった。企業統治(コーポレートガバナンス)改革などを背...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り827文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン