/

この記事は会員限定です

核燃料取り出し 正念場

福島第1原発3号機、今年度完了は綱渡り

[有料会員限定]

廃炉作業が続く東京電力福島第1原子力発電所3号機のプールに残る核燃料の取り出しが正念場を迎えている。変形しているものやがれきが詰まって動かないものがあり、新たな取り出し装置の開発も検討が進む。リスク低減のために重要な作業だが、2020年度の燃料取り出しの完了目標には黄信号がともりつつある。

3号機では原子炉建屋の上部にある使用済み燃料プールからおおむね3日に7体ずつ核燃料を取り出し、敷地内の安全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1182文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン