/

この記事は会員限定です

G7、食料支援に6000億円 首脳宣言採択

中国念頭「現状変更に反対」 独首相、対ロ「長く結束必要」

[有料会員限定]

【エルマウ(独南部)=南毅郎、竹内悠介】主要7カ国首脳会議(G7サミット)は28日、首脳宣言を採択して閉幕した。ロシアへの制裁強化とウクライナへの支援拡大で合意し、途上国への食料の安定供給のため45億ドル(約6000億円)を追加拠出する。覇権主義的な動きを強める中国を念頭に、首脳宣言では東・南シナ海での「力による現状変更への反対」を明記した。(関連記事総合2経済・政策面に

ドイツのショルツ首...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り883文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン