/

この記事は会員限定です

日本精工、DXに1000億円

5年で、工場の稼働状況可視化

[有料会員限定]

日本精工は2026年度までの5年間で研究開発や生産、人材育成でのデジタルトランスフォーメーション(DX)に1000億円を充てる。売上高の6割を占める自動車向け製品は電気自動車(EV)シフトで、今後は需要が大きく変化する見通しだ。世界の工場の稼働状況の可視化で生産効率を高め、デジタル人材の育成で新製品の開発期間も短くする。

同社は26年度に自動車市場に占めるEVとハイブリッド車(HV)の割合が45...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り423文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン