/

この記事は会員限定です

ハエの脚まねて接着構造

物材機構が開発 産業用ロボに応用

[有料会員限定]

物質・材料研究機構は、ハエの脚をまねて繰り返し貼れる接着技術を開発した。サナギの中で脚ができる様子を観察し、単純な製造法も突き止めた。産業用ロボットのアームに取りつけてつかみにくい製品を持ち上げるなどの応用が期待できるという。早期の実用化を目指す。

生物の優れた構造や機能を模倣する試みは「バイオミメティクス(生物模倣技術)」と呼び、技術革新につながるとして注目を集めている。複雑な構造を作るコスト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン